目のたるみにプラセンタサプリは効果なし?選ぶ種類に要注意!

美容効果の高いプラセンタサプリメントは、目のたるみにもその効果がかなり期待できます。

 

目のたるみ 

 

なんと言ってもお肌にハリと弾力を作りだす働きをしてくれるというのですから、たるみやすい目元には嬉しい成分ですね♪

 

でもプラセンタサプリを服用された方の中には「目のたるみには効果がない」「改善したのかよく分からない」というご意見も。

 

実は目のたるみが改善していても、そのスピードがゆっくり過ぎて気が付かない…ということもあり得ます。

 

プラセンタサプリには即効性があまりないので、飲んだ翌日に目元にハリが生まれてたるみが無くなっていた!なんてことはありません。

 

毎日コツコツ飲み続けた効果が少しずつ表れるものなので、劇的な変化はあまり期待しない方がいいですよ。

 

きちんと変化を見極めたい!という方は、プラセンタサプリを飲み始める前に目元の画像を残しておくといいかもしれません。

 

画像 

 

数か月おきに目のたるみがどんな変化をしていくのか、画像が残っていると比較しやすくて便利です。

 

敏感な方は違いを明確に感じ取れることがありますが、殆どの方は「気が付いたら目のたるみが改善していたかも…」という感じ方をすると思います。

 

人から「最近、目元にハリがあるね!」と言われて変化に気が付いたという人もいるので、気長に頑張りましょう!

プラセンタサプリは目のたるみに効果なしって本当?

「長いことプラセンタを飲んでいるのに、目のたるみに変化を感じられない」

 

目のたるみ 

 

そんな人もいらっしゃると思います。

 

「プラセンタなんて効果なしじゃん!」と諦める前に、どんなプラセンタサプリメントを飲んできたのか確認してみましょう。

 

実はプラセンタには動物性と植物性が存在します。

 

プラセンタというと哺乳動物の胎盤が原料と思われがちですが、植物にも胎座というものが存在するんです。

 

例えばメロンなどが有名ですが、果物の中の種が触れている部分が胎座と呼ばれる部分です。

 

メロン 

 

もちろん厳密に言ってしまうとこれはプラセンタとは言えないのですが、植物でいえばちょうど胎盤にあたる部分と言えるでしょう。

 

種を育てる栄養価の高い部分ですから。

 

ちなみに英語では胎座のこともプラセンタと表現するんだそうですよ。

 

美容成分としては動物性のプラセンタの方が格段に高いです。

 

植物性プラセンタは安全性はとても高いですし、美容成分もあります。

 

ですがサプリメントとして考えるならば、動物性の方が有効性は高いですし、目のたるみへの効果も期待できます。

植物性プラセンタと動物性プラセンタの違いとは?

では具体的に植物性プラセンタのどこがいけないのでしょうか?

 

プラセンタ 

 

植物由来ですから体内に摂取するものとしては安全性が高いですし、動物性と違って免疫反応などを心配することもありません。

 

実際に植物性プラセンタは様々なコスメなどにも利用されていますし、これでサプリメントが作れたらお値段も今より安くなりそうですよね?

 

でも動物性にあって植物性には無い重要なものがあったんです!

 

それはプラセンタの最も重要と言われる成分が関係しています。

 

プラセンタの主要2大成分は以下の2つ。

 

  • 成長因子
  • 抗酸化作用

 

実は植物性プラセンタには成長因子が含まれていないんだそうです!

 

成長因子には肌組織を修復するFGF(線維芽細胞増殖因子)や、肌細胞を生成してくれるEGF(上皮細胞増殖因子)が含まれています。

 

ハリ 

 

これらの成分がハリや弾力を作りだしてくれるんですね。

 

最近では発毛や育毛にも効果が高いことが分かっています。

 

目のたるみを改善したいなら、この成長因子は無くてはならない成分です。

 

そのためには質の良い動物性プラセンタを摂る必要があるということがお分かりいただけたでしょうか?