プラセンタ原液の効果とは?正しい使い方を検証してみました!

プラセンタが美肌作りには欠かせない美容成分であることは有名ですね。

 

プラセンタ原液 

 

ではプラセンタでも「プラセンタ原液」というのは、より美容効果が高いのでしょうか?

 

「原液」「高濃度」という言葉がつくと、プラセンタがより濃厚で効き目がありそうな気がします。

 

実際、「プラセンタ原液」と名付けて売られているものも出回っています。

 

「プラセンタ原液」と名の付くものは、主に美容液であって、サプリメントなどには使われない言葉ですね。

 

ではプラセンタ原液には、どの程度の効果があるのでしょうか?

 

効果 

 

一般的にプラセンタ原液と呼ばれるのは、胎盤から有効な成分を抽出したエキスのことを言い、水やその他の美容成分が混じっていない状態を指します。

 

ただし「原液」に関する定義というのは各メーカーによって異なるので、明確な基準は存在しません。

 

ですから原液と名がついても、メーカーごとにその濃度などは変わってきてしまうんですね。

 

プラセンタ原液の美容効果は高いの?

原液と聞くと、トロっとした濃厚な液体を想像しがちですが、意外にもプラセンタの原液はサラっとしています。

 

プラセンタ原液 

 

とろみがついているとしたら、グリセリンなどが含まれているのでしょう。

 

香りはプラセンタ特有の匂いがあります。

 

プラセンタにはアミノ酸やビタミン、ミネラル、成長因子などが豊富に含まれているので、お肌に良いとされる成分がたっぷり入っています。

 

もちろん濃度が高ければ高いほど、美肌効果は期待できます。

 

ではプラセンタ原液は美容効果が高いのか?と言いますと、必ずしもそうであるとは言えません。

 

実はプラセンタを抽出する過程で、加熱すると壊れてしまう成分も多いのです。

 

最近では技術が発達したので、加熱処理をしなくとも不純物や菌を取り除くことができるようになったので、より多くの有効成分を残すことが可能になりました。

 

効果 

 

一口にプラセンタ原液と言っても、どんな抽出方法をしていて、どれだけ有効成分が入っているのか、素人が調べるのはなかなか大変です。

 

でも効果の高いプラセンタ原液は決して安いものではありませんし、その効果の違いは口コミなどに表れてきます。

 

自分でプラセンタの品質を見極められないという方は、安いものには飛びつかないことと、口コミで評価の高いプラセンタを選ぶようにすると失敗が少ないですよ。

 

プラセンタ原液の正しい使い方とは?

プラセンタ原液は、洗顔したお肌にそのまま塗るのが一般的な使い方です。

 

効果 

 

小じわやシミに効果が高いので、気になる部分にピンポイントで塗ったり、顔全体に塗ったりします。

 

洗顔後、一番最初にプラセンタ原液を使うというのがポイントですね。

 

ですが、プラセンタ原液そのものに保湿効果があるわけではないので、プラセンタ原液を塗った後は、通常通りのスキンケアも忘れずに行いましょう。

 

メーカーによっては化粧水に混ぜて使ったり、シートパックとして使うことも可能です。

 

効果を感じるまでには2~3カ月使い続けて様子を見ます。

 

即効性はあまりないのですが、お肌のハリを早期に感じられたという方はかなりいらっしゃいますね。

 

シートパック 

 

もちろん全ての方のお肌に合うわけではありませんので、使用していて万一違和感がある場合はすぐに使用を中止してください。

 

使用を止めても状況が改善しないようであれば、皮膚科などの専門医に相談しましょう。

 

また、一度開封したプラセンタ原液はなるべく早く使い切るようにしましょうね!